投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


新歌舞伎座座長公演千穐楽

 投稿者:ナッツとピュア  投稿日:2016年 6月23日(木)23時02分41秒
返信・引用 編集済
  皆様こんばんは。

名古屋へ向かう電車の中で、こんな会話が聞こえてきました。「マイナンバーカードの手続き、めんどくさいね」 マイナンバー、久しぶりに聞く言葉です。私は多すぎる数字に嫌気がさして、引き出しにしまったままです。

   乱視では 数字チラチラ 舞ナンバー(N & P)

今日は千穐楽。下手な川柳ひねっている場合ではありません。

初日以上に亜矢ちゃんファンが大集合で、とても賑やかで活気がありました。
やはり楽日には特別な風が吹きますね。心地よい風です。舞台から客席への風だけでなく、客席から舞台へも応援風が吹き荒れていました。あちこちからの掛け声のすごい事、今までに記憶がないくらいでした。

ご出演の皆さまも大熱演で、アドリブもたっぷり楽しませていただきました。今日で終わってしまうのは惜しい気さえしました。ご好評につき、もう1日追加公演・・・というのは無理でしょうから、後は明治座でということになります。

楽しいお芝居、素晴らしい歌、本当にありがとうございました。

最後に何人かの出演者のお話しが聞けました。ほんのさわりだけですが・・・
「亜矢ちゃんと、とん平さんとのアドリブ当意即妙で楽しかった」(田口計さん)
「毎日鳥肌が立つほど素晴らしい歌を、生で聴けて嬉しかった」(奈良富士子さん)
   そうでしょうとも。いつも聴いてるファンでさえ そうですから。

「今度は歌謡ショウの方にも出たい」(とん平さん)
   何を歌ってくれるでしょう。やはりあの歌? 「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」
「亜矢ちゃん、意外とお茶目」(とん平さん)

「最初の座長公演で母親役だったので、それ以来 おかあさん あやや と呼び合っている」(山田スミ子さん)
「今まで亜矢ちゃんを見守ってきたけど、これからは私を見守って」(さて誰でしょう?)

そうそう、アンコールはなんと「掌(てのひら)」。初めての生歌披露です。
粋な計らい、うれしかね~
 

島津亜矢特別公演18日目

 投稿者:箕面の滝  投稿日:2016年 6月22日(水)20時57分17秒
返信・引用
  皆さま こんばんは。

島津亜矢特別公演18日目に参加させて頂きました。
本日はさながら千穐楽前夜祭の様相、お客様も良く入り大盛り上がりでした。

報告は拙ブログにて。
http://s.ameblo.jp/minoo-no-taki

来月からは、長らくお待たせいたしました、明治座公演です。

夢みどり様、目から鱗様、棟梁様、腰が抜けるほどお愉しみ下さい。

明日の千穐楽、各地から駆けつけられると聞いております。はっちゃけましょうか…。

それでは皆さま ご息災に!
 

島津亜矢特別公演15日目

 投稿者:箕面の滝  投稿日:2016年 6月19日(日)23時26分18秒
返信・引用
  皆さま こんばんは。

島津亜矢特別公演15日目、お昼の部に参加させて頂きました。

http://s.ameblo.jp/minoo-no-taki/

残り4日5公演です。
毎回々々進化して本当に飽きさせません。もしまだご覧になってらっしゃらない方がいらっしゃいましたら是非一度大阪新歌舞伎座に足をお運び下さい。感動をシェアしましょう!

ご愛敬で心張り棒が外れてカラコロ音を立てたり、台詞を飛ばしたりと生の舞台は色々と有ります。また、特にお芝居は公演毎により工夫されて変化していきます。是非一度ご覧下さいませ。

九州地方の大雨が気になります。特に熊本地方にお住まいの方は、土砂災害など十分お気をつけて下さい。

棟梁様 力作有難うございました。

それでは皆さま ご息災に!


 

熊本城 竣工 報告 頑張れー 亜矢姫

 投稿者:棟梁  投稿日:2016年 6月19日(日)16時53分54秒
返信・引用
  皆様 こんにちわ!!

大阪新歌舞伎座に熱心に足を運ばれている皆様に敬意を表したいと思います。
羨ましい限りです。座長公演も終盤を迎え、舞台に歌に磨きが掛かってきたことでしょう。

明治座の公演が待ち遠しい限りです。大阪での公演に益々磨きのかかった舞台が
期待されています。明治座では何の不安もなく舞台が進行することでしょう。

先月の二十日ごろから着工した「熊本城」本日、午後に竣工いたしました。
写真を添付し御笑覧に供しいたします。

ついでに、過去において、設計から木材の切り出し、組み立てまで自作した薬師寺「三重塔」も
御笑覧ください。この模型は設計期間を含めますと三年かかりました。

愛用の工具類も見てやってください。

亜矢ちゃんの故郷「熊本の復興」を心から御祈念申し上げます。

熊本 頑張ろう!!!!!。亜矢ちゃんも 頑張れーーーーーー



 

ホタル

 投稿者:ナッツとピュア  投稿日:2016年 6月17日(金)22時37分31秒
返信・引用 編集済
  皆様こんばんは。

ホタルのシーズンがやってきました。久しくホタルを見ていません。
桜前線のように、ホタル前線もあるようです。

   故郷(くに)自慢 ホタルが棲むと 胸を張る(N & P)

昔、うっかり「すごい田舎なんだね」と言って怒られ事があるので、今では「素晴らしい自然が残ってるんですね~」と言うようにしてます。

家から近い所でも、ホタルを見られる場所はあります。毎年見たいとは思っているのですが、出かけられないでおります。意思弱く、晩酌の誘惑に負けてしまうからです。♪お酒よおまえに罪はない~ ですね。

亜矢ちゃん、今日は座長公演13日目です。初日から11日間連続で舞台をつとめ、たった1日の休みだけでまた千穐楽まで8日間続きます。今では週休2日が当たり前ですのに、大変ですね。
しっかり食べて、ぐっすり眠って元気に舞台に立っていただきたいと思います。

6日後の楽日には再びたくさんの亜矢ファンが集まることでしょう。
私ももちろん出かけます。 お決まりになってる会話をすませてからですが・・・

「あんたは いしけったい(つまらなさそうな)顔してるから、亜矢友様の前ではニコニコしとらなあかんよ」   「わかっとるわい」
 

島津亜矢特別公演中日

 投稿者:箕面の滝  投稿日:2016年 6月14日(火)20時40分58秒
返信・引用
  皆さま こんばんは。

島津亜矢特別公演中日に参加させて頂きました。
本日は1階席、花道寄りの3列目にて母同伴の観覧でした。

大阪特有の蒸し暑い中、本日も大勢のお客様がお見えになりました。

特に内容には触れませんが、報告は拙ブログにて。

http://s.ameblo.jp/minoo-no-taki

今日は何時にも増して、舞台がキラキラ輝いていました。形容しがたい贅沢な時間を過ごさせて頂きました。何時もはお芝居嫌いの母も、今日はずいぶんと誉めていました。ショーもリズムを取りながら楽しんでいたようです。

いよいよ後半戦です。
願いは一つ、亜矢さんが無事に座長の職責を全うされることです。微力ながらまた応援に行きます。

それでは皆さま ご息災に!
 

新歌舞伎座座長公演、9日・10日目

 投稿者:ナッツとピュア  投稿日:2016年 6月13日(月)23時13分52秒
返信・引用 編集済
  こんばんは。

1泊して9日目、10日目行ってきました。

地道な努力は重ねた。牛のあゆみもくりかえした。今は充分根を伸ばし、どんどん枝を張り、葉も繁って立派な木になりました。さらに成長して日本一の大木となるでしょう。

誰のこと?  なに言ってりゃーす、亜矢ちゃんのことだがね~(名古屋弁のつもり)

その亜矢ちゃんの座長公演を2日間、たっぷりと堪能してきました。

   一度観りゃ 何度も観たい 十回目(N & P)

嘘をついてしまいました。本当はまだ4回目です。
「お紋の風」、初日に観た時より今回はとてもスムーズに感じました。毎日、毎回工夫を重ねておられるのでしょう。ですから、客席に向かって毎日違った風が吹いているようです。

亜矢座長の熱意、ひたむきさ、お人柄に出演者の皆さまも必死に盛り上げてくれているような気がします。

二部の劇場版スペシャルコンサート、相変わらず喉は絶好調のようです。
亜矢ちゃんを全く知らない人が聴いたら、シャンソン歌手? ポピュラー歌手? 演歌歌手? きっと迷うでしょう。亜矢ちゃんにはジャンルの垣根はありませんですね。

「お梶」は大熱演です。「阿吽の花」は磨きがかかってきたようです。ご自分の歌は言うに及ばず、「オー・マイ・パパ」も素晴らしい。自分の好みですみませんが「黄昏のビギン」は何度でも聴きたいです。
♪歌の一つに まこと尽くす想いで いるのです~  この歌詞そのものの歌唱ですね。

あれよあれよという間に、最後の「亜矢の祭り」になってしまいます。バックで踊ってくださる出演者の皆さんも、初日より上手くなってます。4人のプロのダンサーはさすがに、踊りの動きがちがいますね。

今度は千穐楽に参加します。お芝居のなかのお紋の台詞を、ちょいと使わせていただきますと

「千穐楽にはもっといい風が吹くに決まってるわ!!」
 

島津亜矢特別公演10日目

 投稿者:箕面の滝  投稿日:2016年 6月13日(月)21時36分45秒
返信・引用
  皆さま こんばんは。

島津亜矢特別公演10日目に参加させて頂きました。
大阪の空はどんよりと鈍色でしたが、幸いにも雨は上がっており助かりました。

平日にも拘わらず、大勢のお客様がお見えになりました。お馴染みのお顔もあちこちに見えます。

今回私は当日券で3階席でしたが、真向かいに目をやるとナッツとピュア様がいらっしゃいました。もちろんお昼御飯は2人並んで美味しく頂きました。

お芝居は、よりきめ細かくより丁寧に熟成されて、またとん平さんはじめ共演者の皆さまのアドリブも出始め、ますます面白くなっていました。

余談ですが、おりも政夫さんの娘さんのりおさんがお人形さんみたいに可愛くて舞台に華を添えています。
お芝居では、舞台を知り尽くした山田スミ子さんの存在は大きいですね。よく通る彼女の声は、舞台を心地よい緊張感に包み込んでいるように思えます。

亜矢さん、ますますお元気です。お声も良く出てらっしゃいますし、質量感たっぷりの良く伸びるお声で私たちを愉しませてくれます。

明日は中日、82歳の母を連れて行きます。

皆さま 3階席(3,000円)でも十分楽しめますのでまだの方、是非とも劇場に足をお運び下さい。


 

六月の花嫁に捧ぐ

 投稿者:棟梁  投稿日:2016年 6月11日(土)06時42分14秒
返信・引用
  皆様 おはようございます。

昨日、関東地方は晴天に恵まれ、熱い一日でした。
妻と連れ立って「堀切 菖蒲園」に行ってきました。菖蒲にそれぞれ和名の名前がついており、

「日本」を感じました。六百種一千株以上の菖蒲が、一斉に咲揃いそれは見事なものでした。
四季折々の花が咲く「日本」が、大好きです。{
「かきつばた」「あやめ」「菖蒲」日本画の名作からこれらの花をはずす訳には参りません。

次いでだから帰りがけに葛飾「柴又帝釈天」にお参りに行こうということとになり、
お参りの帰り寅さんで有名な団子屋で「草団子」をいただいてきました。

お土産は「佃煮=あみとわかさぎ」といたしました。

「六月の花嫁」何となく響きがよく聞こえます。梅雨時は「じめじめ」「しとしと」
「鬱陶しい」「黴」などのイメージが付きまといますが、こんな花嫁は願い下げたいものです。

やはり、「六月の花嫁」は、朝露に濡れ、凛とした「アヤメ」「花菖蒲」であって欲しいと思います。

「小椋 佳」さんの楽曲に「六月の雨」があります。とても大好きな一曲です。

上本町の座長公演も快調に進んでいるようです。「よかったねー」
体調管理→「朝メシ」大事ですよねー 亜矢ちゃん がんばれーーーー

  https://www.youtube.com/watch?v=szkeiIbE_C0



 

ジューンブライド

 投稿者:ナッツとピュア  投稿日:2016年 6月10日(金)21時19分37秒
返信・引用 編集済
  管理人様、皆さまこんばんは。

梅雨入りしましたが、今日は陽射しの強い1日でした。次元様の家のグリーンカーテンは、役目を果たすほど成長してますでしょうか。庭の緑は本当に心を和ませてくれますよね。
我が家の庭の緑はほとんど雑草ですが、緑は気が休まると言って草むしりをさぼる口実にしています。

地元の有線テレビで市内の結婚式場のコマーシャルが目立つと思ったら、ジューンブライドの月なんですね。そういえば先日の日曜日(大安)はたくさんの挙式があったようです。

現役の頃、私もよく結婚披露宴に出ました。度胸なしであがり症なので、スピーチは苦痛でした。

   スピーチの 義務果たすまで 飲めぬ酒(N & P)

披露宴ではお色直しの度に、綺麗になる花嫁ばかり見ていた気がします。うちに息子がいたらこんな娘さんがいい、そう思える花嫁さんが1人いました。こんなイメージの人でした。

   嫁ぐ日は 朝湯で清め いざ出陣(N & P)

明るくて頑張り屋さんで、肝っ玉母さんになってくれそうな人です。
結婚後うまくいくかどうかは ♪神様だけが知っている~ ですね。亜矢ちゃんの新歌舞伎座座長公演が成功するのは、神様だけでなく、亜矢ファンならみんな知ってるはずですね。

亜矢ちゃんは今日も張り切って舞台をつとめておられると思います。それでも今日で7日目です。疲れが出てはいないでしょうか?どうか体にはお気を付けください。

吉三郎様は2日目、箕面の滝様の4日目の書き込みを読ませていただきますと、初日より格段に良い舞台となっていることがよくわかり安堵しています。お礼が遅れてすみません。

私は1泊して12日と13日に参加です。12日の出待ちはいいのですが、13日の入り待ちは心配です。カキエモン様のように亜矢ちゃんの「ボイス目覚まし」を持っていないので、ホテルの目覚ましでは起きる自信がありません。
 

島津亜矢特別公演4日目

 投稿者:箕面の滝  投稿日:2016年 6月 7日(火)17時46分14秒
返信・引用
  皆さま こんにちは。
大阪は生憎の雨模様で、少し蒸し暑い感じです。

行って来ました、島津亜矢特別公演4日目。
雨模様の中、大勢のお客様がお見えになりました。

亜矢さん、お芝居に歌に大活躍で、とてもお元気でした。初日は1階4列目でしたが、今日は2階3列目です。それでも舞台の熱気がびんびん伝わって来ます。

驚きました。お芝居が飛躍的(生意気云ってスミマセン)に良くなっています。また、既にアドリブも入るようになりました。

「野分」とは、本来は季節を分ける秋から冬にかけて吹く風ですが、この風がお紋とどう関わるのか?是非とも劇場に足をお運び下さいましてご自分でお確かめ下さい。

「歌謡ショー」は、初日に比べバタバタ感が軽減されてました。亜矢さんは絶好調です。繋ぎが充実すればより素敵なエンターテインメントになるでしょう。

劇場は心地よい風が吹いてます。是非々々劇場に足をお運び頂いてあなたも吹かれてみませんか…!

 

大阪 新歌舞伎座 座長公演 緞帳上がる 

 投稿者:棟梁  投稿日:2016年 6月 6日(月)06時52分19秒
返信・引用
  皆様 おはようございます。

さぞかし上本町の大劇場は、今日も賑わっていることでしょう。無事に初日公演が終わり

皆様のご報告に安堵いたしております。

大阪の次は大江戸浜町「明治座」です。私は明治座に伺うことにしています。二か月間の

ロング座長公演 体調管理には十分 お気をつけられますように。

名古屋での「御園座」初座長公演の時が思い起こされます。幕が上がるまで心配で、心配で

あの頃の懸念がが浮かんでまいります。「初心 忘れ 不許」!!

[閑話休題]

①先般、NHKで熊本震災関連番組で「熊本城」を特集していました。このお城復興に賭ける

なみなみならぬ熊本県民の心意気が伝わってまいりました。私の模型製作はほぼ順調に進んでいます。

進捗状況写真を添付いたします。御笑覧くださいませ。

過去に模型の「安土城」を制作したことがありますが、出来が悪く、気に入らなかったので組みあがった城の脳天から 大ハンマーで叩き潰した経験があります。

(掛かった経費 約十五万円でした)よってこの度は慎重を期しています。

②六月十九日は「父の日」だそうですネー
そこで駄句を捻ってみました。

  「カーネーション 負けじと 雨の花菖蒲」

  「父の日は 母の日よりも 影薄し」

③ 何年か前に、次男からプレゼントされた「前掛けです」

この前掛けをつけながら、「熊本城」を制作しています。






  
 

老後の日

 投稿者:ナッツとピュア  投稿日:2016年 6月 5日(日)22時35分36秒
返信・引用 編集済
  皆さまこんばんは。

今日は6月5日、老後の日です。語呂合わせですね。老後・・・私はまだ先の事と思いたいのですが、準備を先送りしてはいけない年齢になりつつあります。

   古稀までを ご破算にして リ・スタート(N & P)

こんな感じの元気なご老人が増えてまいりました。私もあやかりたいものです。亜矢座長を盛り上げてくださっている穂積さん、田口計さん、とん平さん、時代さんもお元気ではつらつとされてますね。

   老犬で 老老介護の 稽古する(N & P)  これは私どもの経験ですが、役に立つかな?

今日は新歌舞伎座座長公演2日目、昼・夜2回公演です。どんな様子でしたでしょうか。参加されたファン様の感想をお聞きしたいものです。

私が次に予定している12日、13日の公演がもう待ち遠しくなっています。

CBC歌謡ベストテン、今夜は「阿吽の花」、先週の7位から15位に後退。残念でした。亜矢ちゃんファンは今、座長公演の方に気を取られてリクエストを忘れたのかもしれません。「それはお前だけだ」と言われそうです。

「はい。すみません。」 来週はちゃんとリクエスト致します。

  
 

島津亜矢特別公演“初日”

 投稿者:箕面の滝  投稿日:2016年 6月 5日(日)15時41分46秒
返信・引用
  皆さま こんにちは。
ご無沙汰しております、箕面の滝です。

昨日大阪新歌舞伎座6月公演、島津亜矢特別公演初日に参加させていただきました。
其処には屈託のない、童女のような島津亜矢さんの笑顔があり、もうそれだけで感極まる思いでした。

特別なことは要りません。島津亜矢さんの笑顔と生歌があれば…。

第一部 お芝居「お紋の風」
ナッツとピュア様のご報告の通り、お稽古の時間が短かった割りに、初日には十分の仕上がり具合でした。役者・島津亜矢、既に風格さえ漂う安定した演技ぶりに只々目を見張るばかり。よどみない台詞回しと絶妙の間の取り方はベテランの役者さんにもヒケを取らないと私は思います。

座組の皆様は、左とん平さんや山田スミ子など気心の知れたお仲間ばかりで息もピッタリ。回を追うごとに素晴らしい出来映えとなるでしょう。

『家督争いの渦中にあるお紋と又三郎の恋の行方は如何に…』是非とも劇場にお運び下さいませ。

第二部 「歌謡ショー」
今回は、亜矢さんが着替える“つなぎ”に色々と趣向が有ります。おりも政夫さん父娘の歌と踊りの共演もその一つです。ロングバージョンの「お梶」やシンガー3からのカバー曲も素晴らしい。もちろん新曲の「阿吽の花」も…。

皆さま、是非々々劇場に足をお運び下さいませ。



 

新歌舞伎座座長公演初日

 投稿者:ナッツとピュア  投稿日:2016年 6月 4日(土)22時27分59秒
返信・引用 編集済
  管理人様、皆様こんばんは。

初日、行ってきました。大阪新歌舞伎座へはいつも名古屋発8時の近鉄アーバンライナーと決めています。名古屋方面から出かける亜矢友様も何人か乗っておられたようです。

新歌舞伎座に着きますと亜矢ちゃんの「掌」の歌詞のような、「義理は固いし 情けは熱い」亜矢友様がいっぱいいらっしゃいました。

「お紋の風」、稽古期間が短いようでしたが、皆さんさすがプロですね。きっちりと仕上げてこられたようです。今回はほぼ原作のとおりでした。

後半になるにつれ、芝居は練れてくるのは確かでしょうが、私は初日が好きです。プロとは言え役者さんの緊張感が伝わってくるような気がしますので。

とん平さんのアドリブも間もなく炸裂するんじゃないでしょうか。亜矢ちゃんも4回目の座長、だんだん慣れて余裕さえ感じられます。そのうちにとん平さん顔負けのアドリブがとび出すかもしれません。

とん平さん、穂積さん、山田スミ子さん、奈良富士子さん、五大桃華さん、おりもさん、小宮さん等、ほぼ毎年サポートしてくれる役者さんばかりで、亜矢座長も心強かったことでしょう。

重鎮の田口計さん、又三郎の心を揺さぶる長台詞、見事なものですね。
前回と全く違った役柄を演じた時代吉二郎さん、小宮健五さんの演技も楽しませてもらいました。

今年はハッピーエンドの芝居ではありません。藤七(とん平さん)とお紋の苦渋の決断、好きな人と結ばれないままで身を引くお紋・・・
お紋、藤七がその後どうなるのか? 私は心配になってしまいます。ハッピーエンドの方がなぜか安心してしまう私です。

コンサート劇場版スペシャル、オープニングは「帰らんちゃよか」、「感謝状」。いつもコンサートでは欠かせない軸となるこの2曲を頭に持ってくるとは思いもよりませんでした。何か意図はあるのでしょうが、それは後で考えるとしてしっかり聴きほれていました。

おりも父娘の「星に願いを」、父娘のダンスも披露してくれました。おりもさんが、娘を必死にエスコートしていたのがほほえましく感じました。

亜矢ちゃんはまず「セ・シ・ボン」。この曲歌う前に亜矢ちゃんから、後期高齢者のコーラスグループがお手伝いしてくれると紹介がありました。?と思っていたらなんと穂積さん、時代さん、小宮さんでした。

「オー・マイ・パパ」、素晴らしい声の伸びでした。「Seving All My Love For You」。
嬉しいことに私の好きな「黄昏のビギン」、六本木で聴かせてもらいましてまた聴きたいと思ってましたのでうれしかったです。こんなラブソングも素敵です。

藤十郎の恋より「お梶」、情念の世界にどっぷりとつかりました。この曲の前、御園座座長公演の時の亜矢ちゃんと葵さんとの道行を思い出させる、五大桃華さんと芦田昌太郎さんとの曾根崎心中の踊りもよかったですよ。

他に「独楽」、「海鳴りの詩」愛染かつらをもう一度」、「大器晩成」、「風雪流れ旅」、「阿吽の花」、「亜矢の祭り」を歌ってくれました。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうものですね、。歌謡ショーにはお芝居の出演者も応援してくれました。日舞、ダンス、コミカルな演出もあって楽しませていただきました。

興奮冷めやらぬ頭で書き込みしてますので、支離滅裂なところもあるかもしれませんがご容赦ねがいます。いつも支離滅裂気味ではありますが・・・

やはりお芝居も、歌も・・・生がいい!
 

遠慮なく仲間に入りさせて頂きます。

 投稿者:帖佐太郎メール  投稿日:2016年 5月31日(火)12時56分6秒
返信・引用
  管理人様、亜矢姫ファンの皆様 こんにちは!

 管理人様の許可も得られましたので、投稿させて頂きます。「おじゃったもんせ」とは招待する時の薩摩の方言で、私の氏素性とまでもいわないまでも生まれた地方を察して頂いたようでありがとうございます。管理人様のことよく存じ上げておりませんが、昔から亜矢さんを応援しておられる方とお身受けしました。コンサートまだ一回しか行った事のない私ですが、これから機会があれば亜矢友さん方々と交流ができればいいなと思っています。

 本掲示板はじめ色んな掲示板やまたブログも多々あり、いろんな記事、最新情報等拝見させてもらっているのですが、さすが島津亜矢さんの魅力に引き寄せられた方々はとても熱い方が多いようで、その投稿内容も濃ゆく、時には哲学的論文のようなもの、最近の歌謡界における動向を背景に亜矢さんの可能性に言及したもの、散文形式のようなもの、さまざまなものがあり、島津亜矢さんの大きさ、深さを物語っているようです。

 私も演歌桜・亜矢桜には時々投稿させてもらっていると申しましたが、亜矢さんの魅力を語れば語るほど、言葉による表現が逆にその実態と離れていってしまうのではないかと思うこともあるのですが、しかし語らずにはいられないほどその存在は私を惹きつけてやみません。これまで生きてきた中で一人の歌手にこれほど傾倒したことはなく、誰それの○○という歌、かれそれの△△という歌という具合に個別に好きな歌はありましたが、全体像を知れば知るほどとり憑かれるようになった歌手は亜矢さんが初めてなのです。それももう少しで還暦を迎える歳でこのような感情を持つことが自分自身でも不思議な気持ちです。

 時には他の歌手と比較して語ることもあり、そんな時はあとでちょっと反省しておりますが、どう冷静にみても「島津亜矢の実力」>「世間の評価」という状況は否定しようもなく、判官びいきといいますか、世の中の不公平さに釈然としないといいますか、どうしても納得いかない感情が沸き起こってまいります。

 これからどのように世間の認知度を上げていくのか一人のファンなりに考えていこうと思っていますが、昨年度の紅白出場により幾分か世の中に真のプロとはどういう人をいうのか少しは知らしめることになったのではと溜飲を下げております。

 まあ、私ごときがなんだかんだいったって、亜矢さん自身がどのように将来を切り開いていくか日々考えていらっしゃるだろうし、多くの優秀なスタッフもおられると思うので心配はしておりません。ただ、心身の健康に気をつけて頂き、自分の信じる道を突き進んで欲しいと切に願っております。
 

おじゃったもんせ

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月30日(月)21時41分23秒
返信・引用
  帖佐太郎様 ようこそいらっしゃいました。

ご挨拶が遅れましたが、管理人の貸本屋の金蔵ともうします。こちらこそ宜しくお願い申し上げます。

どうぞお好きなときにお立ち寄り下さいませ。お待ちしております。

デビュー31年目を迎えられた島津亜矢さんは、現在は大阪新歌舞伎座での特別公演に向けて、猛稽古の真最中でしょう。

準備期間が短い上に、亜矢さんの場合はお芝居と歌謡ショーの二足のわらじ、座長としての重責も合わせてご苦労されてらっしゃることと推察します。

どうかお元気に乗りきられて、無事に初日を迎えられるようお祈り申し上げます。

それでは皆さま ご息災に!




 

お見知りおき願います。

 投稿者:帖佐太郎メール  投稿日:2016年 5月29日(日)22時35分58秒
返信・引用
  管理人様、亜矢さんファンの皆様こんばんは。

初めて、この掲示板をのぞかせてもらいに参りました。今日、この掲示板の存在をふうてんもん(猫)さんのブログにある関連リンク一覧で知りました。
 亜矢さんファンになって8ヶ月ほどの者ですが、これからこの掲示板にたまにお邪魔してよろしいでしょうか?「演歌桜・亜矢桜」の掲示板にはちょくちょく思いつくまま、投稿しております。
 

伊勢志摩サミット

 投稿者:ナッツとピュア  投稿日:2016年 5月28日(土)22時21分6秒
返信・引用 編集済
  管理人様、皆さまこんばんは。

サミットは無事に閉幕したようです。厳しい警備体制も解かれて、普段の状態に戻りつつあります。サミット前は一日に2回ほど、家の前をパトカーがサイレンを鳴らして走っていきましたが、今日は静かなものでした。

各国の首脳は、伊勢神宮に参拝されていましたが、天照大神(アマテラスオオミカミ)に見守られての会議、成果があったでしょうか。

   サミットに 伊勢の女神の ご加護あり(N & P)

会議の難しい事は横においといて、おもてなしの料理はすごいですね。よだれが出そうです。明日のダービーを当てて、伊勢志摩観光ホテルで食事してみたくなりました。当たればですが・・・

豊橋コンサートの余韻はようやく収まりました。今は1週間後に迫った大阪新歌舞伎座座長公演に気持ちが飛んで行っています。今日はお芝居「お紋の風」の原作、山本周五郎の「野分」を読み返しました。どんな芝居になるでしょう?

同じ山本周五郎の「あだこ」という作品も好きです。来年の座長公演はこの作品を取り上げてほしいなと、個人的には思っています。先走った事を言ってすみません。

6月4日の初日、歌手・島津亜矢と役者・島津亜矢、たっぷり堪能できそうです。
1週間待つのが辛い。
 

6月大阪新歌舞伎座

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月26日(木)13時51分13秒
返信・引用
  皆さま こんにちは。
連日暑い日が続きますが如何お過ごしでしょうか…。

亜矢さんのブログ更新も無く、おいてけぼりを喰った感じですね。

左とん平さんが、5月19日まで中日劇場の舞台を務めていらっしゃいました関係で、島津亜矢座長をはじめ皆さま、おそらく今急ピッチでお稽古に汗を流していらっしゃることでしょう。

今回、第一部「お紋の風」におりも政夫さんと共に娘さんのりおさんも共演されますが、りおさんから嬉しいニュースが飛び込んで来ました。

http://s.ameblo.jp/ormro/entry-12164240496.html

りおさんのブログによると、お芝居だけでなく、第二部の歌謡ショーにもご出演されるそうです。どんな歌を唄ってくれるのでしょうか。楽しみです。

些かの退屈しのぎになりましたでしょうか…。

 

/51