teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


参考になれば…

 投稿者:pig  投稿日:2017年10月19日(木)13時02分28秒
返信・引用
  最近のみなさんの投稿を見て、もし私のことで参考になれば…と。

私は8年前に先天性総胆管拡張症の手術をしています。
私は合流異常プラス、肝臓内の胆管も拡張していて、そこがときどき流れが詰まってパンパンに膨れ腹痛を起こしたり(胆管炎)していたため、その部分を含む肝臓も切除しました。
胆管炎は痛い時にエコー等で診てもらわないと、判断できないかもしれません。
私の場合はですが、詰まりが取れると、痛みもスーッと引いて何事も無かったかのような感じだったので。
急に寒気がして高熱が出たり、黄疸が出たら胆管炎というのは良く聞きますが、私はそんな症状は出たことがありませんでした。
今度病院行かれたら相談してみて下さい。

あと、胃カメラやバリウムは私は問題なく受けれてます。
手術直後とかでなければ多分大丈夫かと思いますが、また先生と相談されて下さいね。
 
 


お久しぶりです

 投稿者:pig  投稿日:2017年10月19日(木)12時46分47秒
返信・引用
  カノンさん、お久しぶりです。
出産したら報告しようと思いながらもう半年経ってしまいました。
3月末に息子を無事普通分娩にて出産しました。
妊娠してからも特に問題なく過ごせました。
今日は一年ぶりの定期検診でした。
血液検査、MRIともに問題無しでした。
とりあえずご報告まで…。
またきますね!
 


Re: 術後のバリウム胃透視検査について

 投稿者:torico  投稿日:2017年10月18日(水)09時45分17秒
返信・引用
  > No.62[元記事へ]

kyororinさんへのお返事です。

私も協会けんぽの健康診断で10/30日にバリウム検査があるそうです。
大丈夫なのでしょうか?
心配です。

10/27に分流手術の定期観察で病院に行くことになっているので、
その時に主治医に聞いてみようと思います。

聞いたら報告しますね

 


Re: 初めまして

 投稿者:はま  投稿日:2017年10月16日(月)06時05分15秒
返信・引用
  > No.2849[元記事へ]

くぬさんへのお返事です。

くぬさん、お返事ありがとうございます!

胆管炎(゚д゚)!
胆管も胆嚢も取っちゃったので縁がないものと思ってました!!
次の診察で聞いてみようと思います。
 


初めまして

 投稿者:くぬ  投稿日:2017年10月13日(金)13時33分41秒
返信・引用
  はまさんへのお返事です。

初めまして!
我慢できる、腹痛は胆管炎ではないでしょうか??
私も、何年もの間、謎の腹痛が度々起こってました。でも、耐えれば治るものだったので放置してましたが、1度腹痛起こったときに診察来てくださいと医師に言われました。次起こったときに、病院に行くと、アルコール中毒並みの数値で即入院になりました。胆管炎は、重症化すると命に関わります。1度診察してもらったほうがいい気がします!
 


Re: お久しぶりです

 投稿者:はま  投稿日:2017年10月10日(火)10時23分6秒
返信・引用
  カノンさん、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ようやく術後2ヶ月となりました。

先日、夜突然の吐き気と刺すようなみぞおちの痛みに襲われ、
どうしたものかと思いましたが、
とはいえどちらも我慢しようと思えばできる程度のものでしたので、
そのまま寝て誤魔化したら、翌朝には収まってました。

次の通院は術後半年..それまで何かあったら来てくださいと言われてますが
何かってナニ?我慢して収まるものは大丈夫?

術前が無症状だっただけに、痛いとか気持ち悪いとかでドキドキしてしまいます。


>花*花さん
わたしも今後は頻繁ではないけど定期的に検査が必要と言われています。
人為的に構造を変えてしまっているので...
ガイドラインにも「術後経過観察は生涯継続しなければならない」ってあったような気がするので
やっぱり診てもらって安心したいと思っちゃいますよね。
(;´д`)ゞ
 


くぬさんへ

 投稿者:すみれ  投稿日:2017年10月 7日(土)06時32分2秒
返信・引用
  くぬさん、初めまして。
貴重な情報と温かいメッセージ、本当にありがとうございました。
くぬさん自身がエコーで診断されたんですね!私はくぬさんより一回りほど上ですが、私の頃のエコーと言えば、何が映っているのかよく分からない代物を1・2回見ただけだと母から聞いています。時代が変われば医療も設備もどんどん進歩するんだなと感じて、とても心強かったです。
くぬさんは関西医科大学病院に通院されているとのこと、お生まれもそちらでしょうか?やはり大学病院のほうが患者数も実績も多いのではないかと思いました。検討させていただきます!
目の前が真っ暗な状態でしたが、くぬさんの書き込みを見て一筋の光が見えたような気持ちです。また何かありましたら力を貸してください。宜しくお願いします。
 


Re: 初めまして。(病院選びなど)

 投稿者:くぬ  投稿日:2017年10月 6日(金)19時38分59秒
返信・引用
  すみれさんへのお返事です。

初めまして。
私は現在23才です。私もすみれさんの胎児と同じように、胎児のときのエコーで嚢胞が見つかり、大学病院で生まれました。生後すぐ、オペし今もずっと年2、3回は検査に行ってます。
ちなみに私は関西医科大学病院の小児外科で診てもらってます。
境遇があまりに似ていたもので、お返事させていただきました。また、何かありましたら、投稿待ってます!
 


初めまして。(病院選びなど)

 投稿者:すみれ  投稿日:2017年10月 6日(金)13時17分36秒
返信・引用 編集済
  先日、胎児エコーでお腹の子どもの胆嚢が拡張していると指摘され、31週でNICU完備の市民病院に転院、現在33週になる者です。
転院先の先生に診てもらったところ、「胆道閉鎖症」かもしれないので胎児MRIを撮って詳しく調べましょうとのこと。来週の水曜日がその予定です。
自分なりに調べて、胆道閉鎖症で胆道が詰まっていたり形成不全だと、逆にエコーでそんなに大きく映ることはないという情報を見て(拡張型の閉鎖症もあるようですが)、胆道拡張症の可能性もあるのかなと思っています。
前置きが長くなりましたが、大阪府と兵庫県で新生児の胆道閉鎖症・胆道拡張症の治療実績が高い病院をご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えてください。
特に今の病院に不満があるというわけではないのですが、新生児~幼児の治療実績は出てこなくて少し不安です。もしより良い治療を受けられるのであれば、胎児MRIの結果次第ではありますが、再度転院を希望してみようかと考えています。
どうぞ宜しくお願いいたします。
 


お久しぶりです

 投稿者:花*花  投稿日:2017年10月 2日(月)02時51分46秒
返信・引用
  カノンさん、皆さん、その後どうですか?

私は先日、通院の日(半年に1回)だったのですが、半年前の通院で手術前のからずっとお世話になっていた外科の主治医が転勤になるので次回から先生が変わる事を告げられ、今回初めての先生だったのですが、もう来なくても大丈夫ですと言われて、ちょっと拍子抜けしました。

前の先生は今後もずっと通院しないといけないと言われてて、今回いきなり、もう来なくてもいいと言われたので…
先生によって色々考え方が違うのは分かるんですが、急の事だったのでビックリしました。

診察も2分くらいで終わり、拍子抜けです。

もう通院しなくてもいいと言うことは、完治の扱いでいいんですかね?
 


ありささん、よかったですね

 投稿者:sono  投稿日:2017年 9月22日(金)15時31分14秒
返信・引用
  ありささん、ご主人さまのご退院おめでとうございます。

今はご自宅でゆっくり体調を整え、体力を蓄える時間ですね。どうぞお大事になさってください。

ご主人さまは、とても信頼できる大学病院で治療を受けられたとのこと。何よりでしたね。もしものときにお任せできる医師に巡り会えたことは、とても大切に思います。もし、胆管炎になったら、そのときには、担当グループの医師団に診ていただける!と思うと安心感がわきますよね。私もそのように考えて不安を消しています。今は、二か月ごとの診察です。会話は「お変わりありませんか?ヤクルト毎日飲んでいますか?」から始まります(笑)

お互いに、元気になって楽しい日常が過ごせるように頑張りましょうね。

実は、ありささんのメッセージを読ませていただき、改めて、私自身が主人に心配をかけていること、また助けてもらっていることに気づくことができました。

ありがとうございました。










 


sonoさんへ ありがとうございます

 投稿者:ありさ  投稿日:2017年 9月22日(金)10時46分52秒
返信・引用
  sonoさんへ

だんだんと朝晩涼しくなり過ごしやすくなりましたね。
メッセージありがとうございました。

おかげさまで退院でき、今は自宅療養しています。
仕事復帰はひと月自宅療養後となり、もう少し時間がかかりますが、
それでも無事に戻ってきてくれて、本当に良かったと思います。

胆管炎を発症する経緯は皆さんそれぞれに異なりますが、日常生活を送られていることは
とても励みになっていますし、経験されてきたお話にも大変参考になり、勇気づけられています。

また、日々進歩している医療技術、そこに携わっている医療スタッフの皆さんにも
感謝の気持ちでいっぱいです。今後「もしも」があっても大丈夫、という安心が得られたのも
大きかったと思っています。

sonoさんに教えていただいた、乳酸菌と手あて、始めてみました(^o^)
乳酸菌、なかなか調子はいいみたいです。腸内環境を整えるのはとても大切ですね。

こちらの掲示板へいきなり飛び込んできて、書き込んでしまい本来の主旨とは外れてしまって
いましたのに、そんな私へも暖かい返信をいただいて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

sonoさんもどうぞ体調維持されて楽しく毎日お過ごしくださいね。
私も、夫とまた楽しく日常生活を送れる様にサポートしていきますね。



 


ありささんへ

 投稿者:sono  投稿日:2017年 9月 8日(金)09時30分30秒
返信・引用
  おはようございます。
ありささん、大学病院での治療の様子をお伝えくださりありがとうございます。

大学病院に行かれてからの一週間、ご主人さまにとって、また、見守るありささんにとっても辛く不安な検査の日々だったのですね。
でも、その結果、原因が結石のみとわかり、その結石を掻爬できて本当によかったですね。

胆管炎、黄疸、結石といっても、それぞれに少しずつ症状が異なり、一つ一つがどなたかへ繋がる貴重な経験なのだと思っています。カノンさんが作ってくださったこの掲示板のおかげで、繋がるのだと思っています。

「退院までもう少し」とのこと。こんな日々がありがたいですよね。自分のことのように思います。ご主人さまがお元気になられますよう引き続き応援しております。

追伸:私の体験ですが。

私の場合は、結石や腫瘍がない。吻合部の狭窄はなく、広すぎるくらいのため、吻合した空腸(小腸)からの細菌の逆流が胆管炎の原因と思われるとのことでした。
主治医は、苦肉の索?として退院当初小腸の菌を殺すための薬を処方してくださったのですが、そんなとき、ヤクルトのシロタ株が小腸の悪玉菌を殺し善玉菌を増やすとのパンフレットを見かけ、主治医に相談。以後、ヤクルト400を飲み続けています。体調は改善されました。胆管炎そのものの原因の悪玉菌を少なくするだけでなく、加齢により低下した抵抗力をつけ胆管炎を起こしづらくするためにも腸内環境は大切です。あくまで私の場合ですが、試してみる価値はあるかもしれません。
それから、アロハままさんから教えていただいた「手当て」お腹に自分の手を当てて温める感じも大切です。

追伸が長くなってしまいました。ごめんなさい。







 


>ゆあさんへのお返事です

 投稿者:はま  投稿日:2017年 9月 8日(金)08時55分52秒
返信・引用
  > 8月中は毎週2~3回は外来に行って
Σ(゚ω゚)!
通院も一仕事ですよね、お疲れ様です。

わたしは退院後は、術後3週間の検診と称して一度外来に行きましたが、
調子はどう?って先生と雑談したくらいで、次は半年後の検査です。

術後1ヶ月くらいになりますが、
傷はあまり痛まないし、うつ伏せにもなれちゃうほどで
え?もう全然スポーツできそうなんですけど?というくらい回復してしまって...

腹筋に力を入れると腹壁ヘルニアの恐れがあるので
「ガタイがよくてパワーのある人は3ヶ月は運動オススメしない」と言われてしまったので
あまり暴れないように心がけています。

術前の心配はなんだったのかと思うくらいですが
たまに食べ過ぎてお腹が痛くなったり、腰痛がひどくなったりすると
そうだった、まだまだ様子見ながら生活しないとなと思う次第です。

ゆあさん、kinakoさんの術後のご経過も順調とのことで何よりに思います(*^-^)
 


Re: 大学病院で

 投稿者:ありさ  投稿日:2017年 9月 7日(木)22時13分43秒
返信・引用
  > No.2835[元記事へ]

ありささんへのお返事です。
大学病院へ転院後のご報告です。

8/31に大学病院入院、即日ERCPを行いました。吻合部まで届くか心配されましたが大丈夫だったようで、全体の8割結石が取れました。2日間炎症で発熱などあり、黄疸の数値も上昇。
残り2割を取らなければ黄疸も下がってこないだろうし、またすぐ胆管炎を発症してしまうということで5日後2度目のERCP。胆管の奥の方に張り付いている為残り全て排石できず、ステントを入れて
胆汁の流れを促し、今日3度目を行いました。1週間に3度、かなり辛い内視鏡での処置だったようですが、今日の処置で残りの石も全てとれ、ステントも抜いたそうです。
今回出来なかったら開腹での処置も検討されたとか。
吻合部は狭窄もなく、ガンなど悪性のものは検出されなかったそうで、あとは黄疸の数値が下がってくるのを経過観察後退院となってくるようです。

今後も今までと同じように胆管炎に気をつけて生活しなくてはいけないですが、胆汁の流れが阻害されていた状況がかなり改善されたことは、気持ちを前向きに持つようになれた気がします。

こちらでいただいた、暖かいお気持ちに大変感謝しています。
退院まであともう少し。頑張ります。




 


kinakoさん、はまさんへ

 投稿者:ゆあ  投稿日:2017年 9月 1日(金)08時15分43秒
返信・引用
  kinakoさんとほぼ1ヶ月違いで分流手術をした、ゆあです。(7/13に手術しました)
個人差はあると思いますが、近い時期に手術をした者の様子として読んでもらえれば幸いです。
8月中は毎週2~3回は外来に行ってお腹の管のつまりを直したり、血液検査で肝機能をチェックしてました。病院までは最初電車を乗り継いで1時間かけて行ってましたが、術後2週間ほどで車の運転を再開しました。この通院がリハビリになったな~と自分では思っています。午前中に家事をして、午後は子供の夏休みの宿題を見たりしてゆっくり過ごしてました。疲れたらベッドで休んでましたよ。
いま現在、術後1ヶ月半ほど経って家事、運転も普通にこなせるようになりました。お風呂掃除だけは家族にお願いしていますが笑。仕事も今日から再開します。
傷の部分は椅子から立ち上がる時や車から降りる時につるような痛みがありますので、ゆっくり動き出すようにしています。胸の圧迫感はなくなりました。
服薬は、ウルソ(肝臓の薬)だけになりました。お通じがちゃんと出るようになったので整腸剤はやめました。
入院中は、前のように元気になるのか不安もありましたが、やはり自宅に戻れば主婦として自然と体が動くので、体力も戻ってきました。
お二人もマイペースに焦らず過ごして下さいね(^^)
 


Re: ありささんへ

 投稿者:ありさ  投稿日:2017年 8月30日(水)00時18分39秒
返信・引用
  sonoさんへのお返事です。

sonoさん、こんばんは。
ご心配くださっていてありがとうございます。

良くなると強く信じる気持ち、とっても大事ですね。
くよくよばかりで、sonoさんに気づかせていただきました。
担当してくださる先生は初対面でしたがとても丁寧に、親身に話してくださり
この先生なら大丈夫、と思える方でした。
先生方を信頼して上手くいくように信じて木曜日行ってきます。
ありがとうございます。
 


ありささんへ

 投稿者:sono  投稿日:2017年 8月29日(火)18時08分11秒
返信・引用
  ご主人さまの黄疸がよくなりますように祈っておりました。
一旦、落ち着かれたとのこと。でも、まだご心配のお気持ち、よくわかります。
私も昨年の夏、10日間の入院で4キロ痩せてしまいました。

大学病院でERCPが届いて原因が見つかり処置ができるといいですね。自分のときも、切に願っておりました。

私の場合は、届いたのですが、原因が見つからなくて何もできなかったとのこと。とてもがっかりして、この先また、胆管炎の繰り返しになることを覚悟しましたが、大掃除になったようなのです。

吻合部の術後の状況は、それぞれに違いがあり、一概には言えないと思いますが、病院の先生を信じ、なんとかしてほしいと強く思うことも必要かもしれません。きっと、いい方向に向かう!
ご主人さまを力づけてあげてくださいね。
ありささん、応援しております。


 


大学病院で

 投稿者:ありさ  投稿日:2017年 8月29日(火)16時45分45秒
返信・引用
  8/5に胆管炎悪化で入院後3週間炎症が落ち着いたので一旦退院。
本日大学病院での診察を受け、明後日に大学病院へ入院、ERCPにて吻合部の確認、胆汁うっ滞解消する為の処置をする為のステントを入れるかもしれない、ということになりました。
吻合部までたどり着けるかが問題のようですが、方法はまだあるから、と担当の先生は幾つか説明してくださりお任せするしかないと帰ってきました。
20日で8kg体重が減り、身体中黄色で一月前からは想像もつかない様相に変わってしまいましたが
少しずつでも以前の生活に戻れる日を願っています。

 


(無題)

 投稿者:kinako  投稿日:2017年 8月25日(金)17時35分22秒
返信・引用
  はまさん、無事に退院されてお過ごしとの事、私も自分のことのように嬉しいです。私も一足先に手術されたはまさんが入院中の心の支でした(笑)私の方は、今日で術後11日経ち、明日退院となりました(^^)ほぼ順調に来ましたが、私は痛みに弱かったらしく、痛み止めは色々使ってもらいました。まだ動くとビリッと電気が走ったような痛みもあるし、食後しばらくしてからの胸焼けも気になりますが、何とかなると信じて…

アロハママさん、そうですね!毎日先生の回診があるものの、痛みも無い時は特に質問も無く、サラ~っと終わってしまいますが、退院後のアレコレはちゃんと聞いていませんでした(>_<)気になること色々聞いておかなきゃー。アドバイス大変助かります!
 


術後2週間

 投稿者:はま  投稿日:2017年 8月25日(金)15時07分13秒
返信・引用
  厳しい暑さが続いておりますが、皆様健やかにお過ごしでしょうか?
術後2週間がたち、少なからず不調はありますが
徐々に元気になっている、はまです。

> kinakoさん
手術お疲れ様でした!
その後、ガスやお通じのほうどうでしょう?
順調に回復していらっしゃるといいのですが。
ほぼ同じ時期に手術を受ける方がいて、大変心強かったです。
しばらくは調子もイマイチなこともあるかもしれませんが、のんびりやりましょうね~(^^)


わたしの場合、当初の予定では1週間ほどの入院と言われていたのですが
吻合部の縫合不全、筋肉からの出血があり再手術となり
結果11日間の入院でした。

術後2週間たち、創部はまだ張った感があったり
食べた後しばらくすると、ちょっとお腹が痛くなったりもしますが
家のことは自分でできますし、お散歩も快調です。


少しだけですが↓私が受けた手術のことを残しておきます。
どなたかの参考になれば幸いですm(__)m


8/9 8:30~ 胆嚢・胆管切除&胆道再建手術
前日18時より絶食、当日6時より絶飲食
特に下剤を飲むことなどはなく、そのままオペに
12時前に手術は終わったようで、HCUにて一泊
へそ上15cmほど正中開腹、胆管ドレーン1つ、尿道カテーテル
8/10 9:20~ 再手術
手術翌日早朝に腹部ドレーンより出血あり
緊急手術(2時間ほど)、HCUにもう一泊
胆管ドレーン+1つ
8/11 11:00 病棟へ移動
飲水可
尿道カテーテルはずす
午後、歩行訓練
8/12 昼から食事スタート、5分粥
この夜、麻酔が抜けて大変な思いをしました...
8/15 腹部ドレーン1本はずす
術後初お通じ
8/17 腹部ドレーンはずす
8/18 退院
 


kinakoさんへ

 投稿者:アロハまま  投稿日:2017年 8月25日(金)10時58分45秒
返信・引用
  その後、体調はいかがですか?
術後の経過は、人それぞれだと思います。焦らずに、自分のペースでちょっぴりがんばってください。
私は20年以上前なので、術後の管理の仕方がずいぶん変わっているように思います。掲示板の方々の話しを聞いていると驚きます。
手術を受けると、お腹の中の臓器などが空気に触れ、それによる癒着が怖いですよね。そのためには、歩く事が大切みたいですね。
入院中に、今後の生活で、不安に思う事など、たくさん質問した方がいいですよ。外来になると混んでいるので、お話も聞きにくくなります。
1日も早くお元気なって、退院できますように。
 


Re: ありささんへ

 投稿者:ありさ  投稿日:2017年 8月20日(日)00時03分6秒
返信・引用
  > No.2828[元記事へ]

sonoさんへ

sonoさん、こんばんは。

大学病院で先生にお尋ねするポイント、とても参考になります。
もう、ここまできたら先生に遠慮することなくお尋ねしてみます(^_^;)

炎症はかなり落ち着いて、食事もだいぶ食べられるようになりました。
黄疸がまだまだ高いので、下がってくれるのを願うばかりです。

こちらの皆さんがお元気で生活されているのがとても励みになります。

sonoさんも暑い日が続き体調管理に気を使われると思います。
どうぞお元気でお過ごしくださいね。

ありがとうございました。またご相談させていただければ嬉しいです。
 


Re: ありささんへ

 投稿者:ありさ  投稿日:2017年 8月19日(土)23時51分23秒
返信・引用
  > No.2827[元記事へ]

SHINさんへ

温かいお返事本当にありがとうございます。
SHINさんもお辛い状況を乗り越えていらっしゃったんですね。
ご経験された治療はとても参考になり、今はお元気で生活されているご様子は
希望の力になります。
徐々に炎症は無くなってきており、食事も少しずつ取れるようになりました。
ただ、黄疸はかなり強く緊急的にドレナージを検討されたのですが、全く閉鎖されておらず
肝内胆管も心配する程開いていないということで、経過観察中です。

大学病院で診ていただけるまで、下がってくれると良いなと思っています。

また、ご相談させていただければ嬉しいです。
本当にお気持ち感謝しています。
 


術後3日目

 投稿者:kinako  投稿日:2017年 8月17日(木)16時58分15秒
返信・引用
  入院当日に手術を受けるべきか真剣に悩んでしまい、バタバタしましたが結局予定通り8/14に手術を受け、本日術後3日目となりました(笑)痛みは日に日に良くなってるはず…と思うのですが、みぞおち付近の痛みは酷く、速攻痛み止めボタンを押してます。それと共に気になるのが、おならが出ない事(T_T)ガスがどんどん溜まってきてお腹が張って痛いのに出ない。でも昼から流動食始まりました。頑張って歩くけどガスが出ない…不安です。、  


Re: ありささんへ

 投稿者:sono  投稿日:2017年 8月15日(火)07時55分55秒
返信・引用
  ありささん
ご主人さまが快方に向かわれていらっしゃるとのこと。
会話ができるようになられたとのこと。
よかったですね!

大学病院への紹介もしていただけるのですね。
できたら、その大学病院でダブルバルーン(シングルバルーンでも大丈夫です)での治療が可能か確認できるとなお安心かと思います。病院の先生にお尋ねするのは、勇気がいりますよね。主治医の先生はお話しやすいですか?「大学病院では、どのような治療になるのでしょうか?」から始めてみたらと考えました。大学病院のホームページで確認できるかもしれません。

私も、胆管炎が酷くなり通っていた町医者から大学病院への紹介をお願いしようとしたとき、カノンさんやアロハままさんが緊急的に「バルーン治療の有無を調べて」とのメッセージをくださったことを思い出しています。
慌てて調べた大学病院の内視鏡グループの紹介の中にシングルバルーンの文字を見つけたとき、とても嬉しかったのです。

ご主人さま、ありささんが元気な日々を取り戻せますよう祈っています。





 


ありささんへ

 投稿者:SHIN  投稿日:2017年 8月14日(月)22時58分27秒
返信・引用
  こんにちは。SHINと申します。
私は敗血症手前くらいしか体験が無いので有用なお返事ができません。
ただ、ありささんの不安な気持ちがひしひしと伝わってきて
書き込みをさせていただきました。

私も胆嚢胆管切除して空腸と吻合しています。
胆管炎も頻発して、最終的に経皮的ドレナージを処置されました。
最初が痛いのと、熱が一旦上がる事が多いようです。
それなりに負担が大きかったですが
その時はそれしか選べなかったようです。

sonoさんや皆さんが書かれているように、落ち着かれたら
ダブルバルーン内視鏡は受ける価値があると思います。
私は狭窄が分かりました。

ただ、出来て20年も経っていない機器なので
私はこの掲示板の過去記事で勉強した結果、
肝胆膵の科がある今の病院に変わりました。

どうかどうか、まずは落ち着かれますように。
お祈りしております。
 


Re: ありささんへ

 投稿者:ありさ  投稿日:2017年 8月14日(月)21時49分50秒
返信・引用
  > No.2824[元記事へ]

sonoさんへ

お心のこもったお返事本当にありがとうございます。
こちらの掲示板を読ませていただき、同じように闘病していらっしゃるかたたちのお話で
とても勇気づけられております。
sonoさんのお話にもとても前向きな気持ちになれます。

夫は入院して今日で10日、DIC、敗血症対策のリコモジュリンの点滴5日間。抗生剤のメロペンを
1日3回、栄養剤3回の点滴でようやく数値が改善されてきた感じです。今日今の時点で1日発熱なく過ごせているようです。会話もできるようになり、少し安心して帰宅しました。

今後は、今の状態が落ち着いて退院した後、大学病院で総胆管に入口に泥状、もしくは石があり
取り除く方法を検討してもらう、ということで紹介状を持って行くことになります。
今は今後考えられる手術に耐えられる体調、体力の回復が最優先なのかと思っています。

sonoさんがされた、ダブルバルーンという治療法も夫にもできるのかもしれないですね。

不安で不安で泣いてしまうばかりでした。
本当にありがとうございます。気持ちを前に向けて少しずつでも良い方へいけるように
夫を支えていきますね。
また、こちらでご相談させていただければ嬉しいです。
 


新しい方々初めまして

 投稿者:ramumari  投稿日:2017年 8月14日(月)10時30分18秒
返信・引用
  ramumariと申します。
最近活気付いてきましたね。
カノンさんは体調いかがでしょうか?

18年前44才の時に、先天性胆道拡張症がわかり
胆管、胆嚢を切除しステントを一年ごとに入れ替えしましたが、一部が狭窄したままで、その間に何回も胆管炎を起こし入退院を繰り返しました。
5年前には、6~7センチ大の膿瘍が三つ出来、間一髪で助かったということもありました。
その後も何回か胆管炎を繰り返し、その度に仕事を休んだり、夫に迷惑を掛けたりするのが心苦しくなり、自分も胆管炎の痛さに我慢の限界を感じ、今年四月に大学病院でダブルバルーンによるERCPを受け、狭窄した部分を拡張し、現在に至っています。
今は、三カ月毎の血液検査とたまにCT検査で様子を見ています。


 


ありささんへ

 投稿者:sono  投稿日:2017年 8月14日(月)09時24分18秒
返信・引用
  はじめましてsonoと申します。
ご心配のお気持ちお察しいたします。
ご主人さま、いかがでしょうか。
抗生剤が効いているといいです。

私は、22年前、39才のときに先天性膵胆管合流異常のために空調吻合による胆道再建をしました。
現在、61才ですので、ご主人さまより少し年上です。術後10年は、何事もなく元気に生活しておりましたが、その後、胆管炎が頻繁に起こるようになり、軽度のものから中度のものまで、ここ3~4年は、1週間から10日おきに起きてしまいました。クラビットとカロナールで絶食しながら自宅で寝るという対処を繰り返すなか、昨年7月に酷い胆管炎になり、黄疸が起きて10日間入院しました。
元気な日をとりもどしたくて、情報をあさるなか、カノンさんの掲示板に辿りついたのですが、そのとき、空調吻合は、様々な病気の手術で用いられる術式だということも知りました。
ありささんのご主人さまは、腹腔鏡手術のあとの癒着が原因でされたとのこと。複雑な思いもおありと思います。

空調吻合手術をした場合、もともと備わっている胆汁の逆流を防ぐ弁のようなストッパーが無くなりますので、小腸からの細菌の逆流がしやすくなり、胆管炎がいつ起きても仕方ない状態になってしまいます。
炎症に対する抵抗力が加齢、ストレス、疲れなどが原因で低下すると胆管炎が起きやすいと感じています。
私も度重なる胆管炎から肝膿瘍、敗血症の不安を持っております。

今は入院されて万全の処置がされていらっしゃると思いますが、ダブルバルーン治療はされたことはありましたでしょうか?
この治療は、この掲示板でも多くの方が救われた経験をお持ちです。(肝膿瘍、敗血症の直接的な治療ではないかもしれませんが。)

私の場合は、バルーン治療の結果、胆管炎の直接原因となる結石や狭窄はなかったものの、肝内胆管の大掃除をした(担当医のお話)ことで、現在は、胆管炎の頻度が格段によくなりました。

ご主人さま、早く、数値が戻りお元気になりますよう。

私は、同じように不安を抱えながら過ごす仲間がいると思うだけでも気持ちが楽になりました。肝膿瘍、敗血症から回復された方の投稿を目にして少しホッとしたこともあります。私自身の経験は、あまり参考にならないかと思いましたが、ありささんに少しでも力になれればと投稿します。
ご主人さまは、心配してくださる奥さまの存在が一番かもしれませんね。ありささんも、どうかご自愛くださいませ。

長文になってしまいました。ごめんなさい。
 


レンタル掲示板
/95