teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. hitorgoto 大坪大展(1)
  2. 大坪大展(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


jbhvjh

 投稿者:g  投稿日:2010年 3月19日(金)13時08分8秒
返信・引用
  hfcdgf  
 

(無題)

 投稿者:g  投稿日:2010年 3月16日(火)13時52分46秒
返信・引用
  人生には様々な出来事が起こる。
当然の事ながら、人生には振れ幅がある。まるで金融市場のように、非常にボラタイルな人生を我々は生きている。自らの許容を超える受け入れ難い事もしばしばである。
そのため、そこで生き抜く鋭い感覚を身に付けなければ、その急流に呑まれるだけだ。
相場は上がっても下がってもボラティリティが高くあり続ける限り利益をもたらす。
人生相場も、それが成功であれ、失敗であれ、その事象の正負は、個の主観に寄るものであり、プラスの要素であっても、マイナスの要素であっても、利に換わる。
出来うることなら、豊かに人生を謳歌するために、成功哲学としてポジティブな思考は常に持ち、起こりうる事象すべてを受け入れて糧としたい。
ところが、人間は、地位や名声、そして富といった、いわゆる「成功」を獲得すると、己の力を過信してしまいがちとなる。あたかも自らの人間性の向上、いわゆる「徳」を備えているかの様に勘違いをする。
確かに、自らの付加価値が増える事のみが正ではない事は誰しも知っている。そして、「成功」の獲得は、自らの「徳」と無関係ではない。
しかし、往々にして、それら両面が共存する事例は少ない。
「成功」しているからといって「徳」があるわけでもなく、「徳」があるからといって「成功」が手に入るわけでもない。
「成功」と「徳」という、この二律背反は人生の主題である。

自らの「徳」を超える「成功」は、人間を歪なものに変える。
本当に狭義での「成功」とは、安定や安らぎという「安」に、前述の「徳」すなわち仁、義といった「心」が効果的に共鳴し合った構図である。それが「安心」となる。
単なる経験値としての「徳」ではなく、善くも悪くも人間の味を熟成させていかなければ、将来の「安心」はない。
人は誰も「成功」を手にしたいものである。しかし、「心」を欠いてはそれも不安定なものになる。
人間には幸い磨くポイントがいくつもある。
多くの人はテクニカル面を磨くことばかりに捉われ、損をする。
正にファンダメンタルズの向上に目を向けなければ豊かな「成功」は掴めない。

焦るな。焦燥は人生のハンドリングを狂わせる。
自らの「徳」と向き合い、己を知らなければ「成功」が無機質なものに堕ちる。
ファンダメンタルズを鍛え、「成功」の海図を掴まなければならない。
そこで初めて必要になるのが航海術であり、テクニカル技術である。
嵐にも氷山にも負けない大きな船をまず築かなければならない。
「徳」を育てる、「成功」を掴む。それが人生の根幹であるならば、途上で力尽きるも本懐であるといえる。
 

(無題)

 投稿者:g  投稿日:2010年 3月15日(月)14時53分16秒
返信・引用
  人生には様々な出来事が起こる。
当然の事ながら、人生には振れ幅がある。まるで金融市場のように、非常にボラタイルな人生を我々は生きている。自らの許容を超える受け入れ難い事もしばしばである。
そのため、そこで生き抜く鋭い感覚を身に付けなければ、その急流に呑まれるだけだ。
相場は上がっても下がってもボラティリティが高くあり続ける限り利益をもたらす。
人生相場も、それが成功であれ、失敗であれ、その事象の正負は、個の主観に寄るものであり、プラスの要素であっても、マイナスの要素であっても、利に換わる。
出来うることなら、豊かに人生を謳歌するために、成功哲学としてポジティブな思考は常に持ち、起こりうる事象すべてを受け入れて糧としたい。
ところが、人間は、地位や名声、そして富といった、いわゆる「成功」を獲得すると、己の力を過信してしまいがちとなる。あたかも自らの人間性の向上、いわゆる「徳」を備えているかの様に勘違いをする。
確かに、自らの付加価値が増える事のみが正ではない事は誰しも知っている。そして、「成功」の獲得は、自らの「徳」と無関係ではない。
しかし、往々にして、それら両面が共存する事例は少ない。
「成功」しているからといって「徳」があるわけでもなく、「徳」があるからといって「成功」が手に入るわけでもない。
「成功」と「徳」という、この二律背反は人生の主題である。

自らの「徳」を超える「成功」は、人間を歪なものに変える。
本当に狭義での「成功」とは、安定や安らぎという「安」に、前述の「徳」すなわち仁、義といった「心」が効果的に共鳴し合った構図である。それが「安心」となる。
単なる経験値としての「徳」ではなく、善くも悪くも人間の味を熟成させていかなければ、将来の「安心」はない。
人は誰も「成功」を手にしたいものである。しかし、「心」を欠いてはそれも不安定なものになる。
人間には幸い磨くポイントがいくつもある。
多くの人はテクニカル面を磨くことばかりに捉われ、損をする。
正にファンダメンタルズの向上に目を向けなければ豊かな「成功」は掴めない。

焦るな。焦燥は人生のハンドリングを狂わせる。
自らの「徳」と向き合い、己を知らなければ「成功」が無機質なものに堕ちる。
ファンダメンタルズを鍛え、「成功」の海図を掴まなければならない。
そこで初めて必要になるのが航海術であり、テクニカル技術である。
嵐にも氷山にも負けない大きな船をまず築かなければならない。
「徳」を育てる、「成功」を掴む。それが人生の根幹であるならば、途上で力尽きるも本懐であるといえる。
 

(無題)

 投稿者:g  投稿日:2010年 3月15日(月)14時52分57秒
返信・引用
  人生には様々な出来事が起こる。
当然の事ながら、人生には振れ幅がある。まるで金融市場のように、非常にボラタイルな人生を我々は生きている。自らの許容を超える受け入れ難い事もしばしばである。
そのため、そこで生き抜く鋭い感覚を身に付けなければ、その急流に呑まれるだけだ。
相場は上がっても下がってもボラティリティが高くあり続ける限り利益をもたらす。
人生相場も、それが成功であれ、失敗であれ、その事象の正負は、個の主観に寄るものであり、プラスの要素であっても、マイナスの要素であっても、利に換わる。
出来うることなら、豊かに人生を謳歌するために、成功哲学としてポジティブな思考は常に持ち、起こりうる事象すべてを受け入れて糧としたい。
ところが、人間は、地位や名声、そして富といった、いわゆる「成功」を獲得すると、己の力を過信してしまいがちとなる。あたかも自らの人間性の向上、いわゆる「徳」を備えているかの様に勘違いをする。
確かに、自らの付加価値が増える事のみが正ではない事は誰しも知っている。そして、「成功」の獲得は、自らの「徳」と無関係ではない。
しかし、往々にして、それら両面が共存する事例は少ない。
「成功」しているからといって「徳」があるわけでもなく、「徳」があるからといって「成功」が手に入るわけでもない。
「成功」と「徳」という、この二律背反は人生の主題である。

自らの「徳」を超える「成功」は、人間を歪なものに変える。
本当に狭義での「成功」とは、安定や安らぎという「安」に、前述の「徳」すなわち仁、義といった「心」が効果的に共鳴し合った構図である。それが「安心」となる。
単なる経験値としての「徳」ではなく、善くも悪くも人間の味を熟成させていかなければ、将来の「安心」はない。
人は誰も「成功」を手にしたいものである。しかし、「心」を欠いてはそれも不安定なものになる。
人間には幸い磨くポイントがいくつもある。
多くの人はテクニカル面を磨くことばかりに捉われ、損をする。
正にファンダメンタルズの向上に目を向けなければ豊かな「成功」は掴めない。

焦るな。焦燥は人生のハンドリングを狂わせる。
自らの「徳」と向き合い、己を知らなければ「成功」が無機質なものに堕ちる。
ファンダメンタルズを鍛え、「成功」の海図を掴まなければならない。
そこで初めて必要になるのが航海術であり、テクニカル技術である。
嵐にも氷山にも負けない大きな船をまず築かなければならない。
「徳」を育てる、「成功」を掴む。それが人生の根幹であるならば、途上で力尽きるも本懐であるといえる。
 

(無題)

 投稿者:大坪大展  投稿日:2010年 3月15日(月)12時41分53秒
返信・引用
  大坪大展

人生には様々な出来事が起こる。
当然の事ながら、人生には振れ幅がある。まるで金融市場のように、非常にボラタイルな人生を我々は生きている。自らの許容を超える受け入れ難い事もしばしばである。
そのため、そこで生き抜く鋭い感覚を身に付けなければ、その急流に呑まれるだけだ。
相場は上がっても下がってもボラティリティが高くあり続ける限り利益をもたらす。
人生相場も、それが成功であれ、失敗であれ、その事象の正負は、個の主観に寄るものであり、プラスの要素であっても、マイナスの要素であっても、利に換わる。
出来うることなら、豊かに人生を謳歌するために、成功哲学としてポジティブな思考は常に持ち、起こりうる事象すべてを受け入れて糧としたい。
ところが、人間は、地位や名声、そして富といった、いわゆる「成功」を獲得すると、己の力を過信してしまいがちとなる。あたかも自らの人間性の向上、いわゆる「徳」を備えているかの様に勘違いをする。
確かに、自らの付加価値が増える事のみが正ではない事は誰しも知っている。そして、「成功」の獲得は、自らの「徳」と無関係ではない。
しかし、往々にして、それら両面が共存する事例は少ない。
「成功」しているからといって「徳」があるわけでもなく、「徳」があるからといって「成功」が手に入るわけでもない。
「成功」と「徳」という、この二律背反は人生の主題である。

自らの「徳」を超える「成功」は、人間を歪なものに変える。
本当に狭義での「成功」とは、安定や安らぎという「安」に、前述の「徳」すなわち仁、義といった「心」が効果的に共鳴し合った構図である。それが「安心」となる。
単なる経験値としての「徳」ではなく、善くも悪くも人間の味を熟成させていかなければ、将来の「安心」はない。
人は誰も「成功」を手にしたいものである。しかし、「心」を欠いてはそれも不安定なものになる。
人間には幸い磨くポイントがいくつもある。
多くの人はテクニカル面を磨くことばかりに捉われ、損をする。
正にファンダメンタルズの向上に目を向けなければ豊かな「成功」は掴めない。

焦るな。焦燥は人生のハンドリングを狂わせる。
自らの「徳」と向き合い、己を知らなければ「成功」が無機質なものに堕ちる。
ファンダメンタルズを鍛え、「成功」の海図を掴まなければならない。
そこで初めて必要になるのが航海術であり、テクニカル技術である。
嵐にも氷山にも負けない大きな船をまず築かなければならない。
「徳」を育てる、「成功」を掴む。それが人生の根幹であるならば、途上で力尽きるも本懐であるといえる。

大坪大展
 

teacup.掲示板 START!

 投稿者:teacup.運営  投稿日:2010年 3月15日(月)12時31分10秒
返信・引用
  掲示板が完成しました!
掲示板のデザイン変更や記事の削除などは管理者メニュー(管理画面)から行えます。
また、ケータイでは50種類以上のデザインテンプレートが選べますので、ぜひケータイからのご利用もお試しください。(※ケータイ版も同じURLでご利用になれます!)

teacup.の掲示板はお一人様いくつでもご利用になれますので、用途に合わせて掲示板を作成して下さい。※この記事を削除してご利用下さい。
【記事の削除方法】
・掲示板下部の管理者メニュー(管理画面)からログイン
・左メニューより「投稿の管理」をクリック
・削除したい記事にチェックを入れ「削除」をクリック

http://www.teacup.com/

 

レンタル掲示板
/1