投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 98JP.COM會社 (0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


愛宕山で夏トレ暑かった!!

 投稿者:蜻蛉  投稿日:2018年 7月23日(月)13時00分20秒
返信・引用 編集済
  7月22日ツツジ尾根で夏山トレーニング頑張りました。
ツツジ尾根を快調に登り表参道出会いで昼食。気持のよい風は眠気を誘う。
表参道を見下ろし名刺の話をしていると偶然にも名詞の人が表参道を登ってきた。
合流して下山、長坂峠から清滝川ルートは大変だった。
倒木が所々にあり清滝川の出口は大量の倒木で通行不能、もと来た道を上り返す。
谷の湧水は有り難い。ペットボトルの冷たい水で頭や首を冷やしながら保津峡駅に下山した。

1   表参道出会いで迷子さんと出会い
2、3 倒木を乗り越え、くぐり抜けたが、最後は断念した

http://

 

愛宕 de 夏山トレの結果

 投稿者:山上盆暮  投稿日:2018年 7月22日(日)21時53分57秒
返信・引用 編集済
  本日22日につつじ尾根をはじめは6名、表参道合流点からは7名で歩いてきました。(人数変動の詳細は機関誌に報告されます。)
足つりを起こすメンバーがあり先日の講習会の復習を実践で行いました。
京都市内は連日の暑さに見舞われていますが上記の合流点では下界が嘘のような涼しい風が吹いていました。
昼食をしていると心地よい風が木々の間を通り抜け火照った体を癒してくれました。昼寝をむさぼりたくなるほどでした。
問題は長坂峠からの下山にありました。
順調に下りかけたのですが椿の水場を過ぎ沢に入っていくと歩きつらくなるほどに荒れていました。先日の豪雨の爪痕です。
もう少しで清滝川に降りられる地点で倒木が累々と積み重なり歩行困難となりルートを探りましたが引き返すことが賢明と判断しました。
結局2時間のロスで体力的に思いもよらないトレーニングになりました。
椿の水場には大変助けられました。

月影さんトレーニングも大事ですが救急法のスキルアップも大変重要です。
つどいなどでいろいろ教えてくださいね。


 

足つり防止ストレッチ

 投稿者:鷹人  投稿日:2018年 7月21日(土)20時15分30秒
返信・引用
  7月19日(木)のつどいテーマは「足つり防止のトレーニング」でした。
事務局長Yさんの娘さんに講師として来ていただき、「筋の収縮のメカニズム」
という足がつる原因と予防から、実践的なストレッチまでしっかり学ぶことができました。
大量の汗をかくとカルシウムやマグネシュウムが失われ、イオンバランスが崩れて筋肉の
収縮がうまくいかなくなるので失われたミネラルやビタミン、水分をを補給すること。
足つりが出てしまった場合にはストレッチをするが、急激にやらずに、ゆっくりと伸ばす。
その部位を温めて、下から上に、心臓に向かってさすっていく、などの事がいわれていました。

写真 足がつったときのストレッチ法の実技
 

月影さんご苦労様です。

 投稿者:蜻蛉  投稿日:2018年 7月21日(土)17時16分53秒
返信・引用
  明日は愛宕山でしっかりトレーニング

仙丈ケ岳では、ばてないように頑張ります。
月影さん 救急法、救急員の講習受講、本当にご苦労様です・・頑張って!
・この間の「つどい」吉田さんの娘さんありがとうございました。
 足がつるメカニズム腱紡錘と筋紡錘よく理解ができました。
 

(無題)

 投稿者:月影  投稿日:2018年 7月21日(土)08時58分12秒
返信・引用
  22日の夏山トレ、参加したいのですがかなわず残念です。
私は昨日から3日間、日赤救急法救急員講習を受講しています。
先月の搬出訓練もそうですが、応急手当もトレーニングや備えをすることで、事故の予防や安全登山につながります。
山を楽しむために、これからも正しい知識と技術を身につけていきたいです。
 

情報公開

 投稿者:ujicco  投稿日:2018年 7月20日(金)07時05分17秒
返信・引用 編集済
    運営委員会などを 現在 伏見いきいきセンターでやっていますが

  そのいきいきセンターのホームページで 伏見山の会が紹介されました

  いきいきセンターHPのブログにのっています

  よろしければ みてください

   このアドレスです

       https://www.ikik243.com/local


   
 

愛宕 de 夏山トレ

 投稿者:山上盆暮  投稿日:2018年 7月19日(木)16時38分39秒
返信・引用 編集済
  暑い日が続きもーうんざり!
大雨の爪痕が京都の山々にもさまざまに残されています。
いろいろ考えねばならないことがありますが暑さにも負けず大雨の爪痕を乗り越えて行くのが伏見山の会です。
来週に迫った夏山バスハイクを成功させるためにトレーニングをします。
22日7時50分保津峡駅に集合し(京都駅7:21発の亀岡行乗車で可)、つつじ尾根を登ります。
表参道合流地点で折り返し長坂峠から清滝川に出て清滝に下山します。
猛暑の時間には下山を完了したいと思います。
参加を希望される方は21日中に必ず小生にまで連絡をお願いします。
本日19日の運営委員会には会山行としての提案をします。
夏山バスハイクを予定されていない方もふるって参加してください。
 

Y懸で夏山トレ

 投稿者:鷹人  投稿日:2018年 7月15日(日)10時30分23秒
返信・引用
  夏山に向けて北山・Y懸で岩トレが行われました。
参加者7名が岩登りに挑みました。すでにトレーニングを終え、本番の夏山に行った登山者が多いためか
以前よりはすいていました。
基部ではらくなん山の会が訓練していたので、頭をめざし、上部に登っていきました。
梅雨明け後の快晴で気温もぐんぐん上がり、風もないので全員汗だく。
持っていた飲料水も消費量が激しく、1・5~2?は飲み干していました。
前回はあまり出来なかった下降の訓練をロープあり、ロープなしで数回行い、日陰で昼食。
午後は体力作りのボッカトレとして翠黛山往復に出かけました。
気温と湿度の上昇に加え無風の悪条件が重なり、大量の発汗があったためか、数名が足つりの症状を訴え
処置を施した後、山頂を目の前にして引き返すことに。
最後は岩場を下る予定だったものを全員の疲れを考慮してY懸沢で帰ってきました。
毎週通っているメンバーも、久しぶりのメンバーもいいトレーニングになりました。
夕方4時で閉店になる道の駅の喫茶店でたっぷりと反省会が出来ました。

写真1 Y懸の頭はもうすぐ
写真2 翠黛山への縦走
写真3 Y懸沢を下る
 

大雨の被害で

 投稿者:山上盆暮  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時49分46秒
返信・引用 編集済
  大雨警報が解除されたわけではありませんが今朝は晴れ間がのぞいていました。
会員の皆さんには被害なく無事にこの大雨を乗り切られたでしょうか。
もし困っておられる会員さんの情報をお持ちであれば会四役や運営委員にお寄せください。

これからしばらくして梅雨明けとなり夏山のシーズンが始まります。トレーニングもしなければなりません。

でも山はこの大雨でどのように荒れているかわかりません。
私たちの想像を超えた状態になっていることが予想されます。
尾根の地盤は緩み、沢すじは流木や落石そして土石流で大荒れになっていると思われます。
決して冒険心を出すことなく石橋を叩いても渡らないほどの細心の注意を怠らないでください。
山だけでなくアプローチの林道も要注意です。

しっかり情報を入手し十分な検討をして山に臨みましょう。
 

大雨洪水警報

 投稿者:山上盆暮  投稿日:2018年 7月 5日(木)10時07分12秒
返信・引用 編集済
  日本列島は台風の残りと停滞前線で大雨に見舞われています。
5日早朝から京北町や西京区に大雨洪水警報が発令されました。
伏見区や左京区でも各地に避難準備が発令されています。
この雨は8日(日)まで続くようです。
会員の皆さん、警戒を怠らないでください。
特に河川の氾濫には要注意です。
 

/162