teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/38 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

謹賀新年

 投稿者:シネラマン  投稿日:2018年 1月 8日(月)15時33分26秒
  通報 返信・引用
  テルミ様、明けましておめでとうございます。
本年もどうか、宜しくお願い致します。

お年玉代わりに、今回はピー・プロの幻の特撮ヒーロー、『豹マン』を紹介しようと思います。
『豹マン』は、事故で死んだ青年探偵が、ある科学者の死体蘇生装置『Ⅹ‐300』によって、豹の敏捷性と生命力を持つ、獣面人身のヒーローとなって蘇り、悪と戦うというSF番組ですが、パイロット版は作られたものの、結局お蔵入りしてしまった作品です。ですが番宣を兼ねて、『少年マガジン』と『ぼくら』にそれぞれコミカライズ作品が連載されました。

『マガジン版』は、さいとう・たかを先生を師とする南波健二先生と、独自の作品で人気のあったSF作家、故・宮崎惇氏のコンビで、さいとう先生譲りの劇画調のデザインと、宮崎氏独特のSFストーリイが非常にマッチしており、これぞSFマンガというべき作品です。また、『ぼくら版』は桑田次郎先生が手掛け、年齢層はマガジンより低めですが、桑田先生らしいシャープな豹マンのデザインが恰好良い作品になっています。
現在は、どちらもマンガショップにて上下巻で復刻されているので、興味があったら、是非読んでみて下さい。また、豹マンのパイロット版は、動画でも時々うpされています。

では長文になりましたが、今回はこの辺で…。
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/38 《前のページ | 次のページ》
/38